ジムニーJB23 ターボパイプ&サクションパイプ自作編

ジムニーさんにもう少しトルクがあればと常々思っておりました。
スープアップ系のパーツも沢山ありますが…
ただ出費はなるべく抑えたい。

調べてみると汎用のアルミパイプでターボパイプ(インテークパイプ?)
とサクションパイプを自作する方法があるらしい。



早速汎用のアルミパイプとジョイント用のシリコンホースを購入。
4点で5,260円でした。

まずはサクションパイプ
こいつの内側にパイプを仕込みます。

長さを測ってアルミパイプをカットします。

内側に挿入。そのままだと入りにくいのでシリコンオイルを少々。

続いてターボパイプ
まずインタークーラーの黒いカバーを外し、ノーマルのパイプを外します。

両端をカットして長さを調整。

うん。良い感じです。

後はシリコンホースで取り付けます。

完成!

実際走らせてみると若干トルク感が上がったような気がします。。

まず2~3千回転ぐらいのトルクが上がった感じで軽く回るような変わってないような…
またブーストの掛かり始め、それからアクセルを踏み込んだ時のレスポンスが良くなったような
そうでもないようなw

ただ2つ同時に交換したのでどっちがどの程度の効果があったのかはわかりませんし、
プラシーボ効果もあると思います。

まあ人によって感じ方は違うと思いますが個人的にはコストパフォーマンスも良く大満足でした。